PR

【タミヤCC-02カスタム】坂道の角度を知りたい〜解決方法模索〜

記事内に広告が含まれています。

本記事の内容はこちら

  • CC-02(ウニモグ)に傾斜計を搭載する方法

こんにちは。ラジコンにどハマりしている つりふぁすです。

毎日熱心に行なっているラジコン活動。

愛車のタミヤCC-02は主に「森林公園」や河川敷などのオフロード、たまに岩肌の登山にチャレンジしています。

傾斜計を取り付けた理由

動画撮影時の悩み

こうしてブログで発信する以外に、自身のYouTubeチャンネル(ラジコンの車窓から見てみる近所)の撮影もしているのですが、

なんせ「車窓」からの撮影をメインとしているため、映像から得られる情報量が少なく、傾きなどの状態もわかりにくいため、

退屈しやすい動画になってしまうのが悩みです。

ぬかるみ走行時の様子。

そこで車両が走っている路面状態が少しでも伝えられるよう、『傾斜計』を取り付けてみることにしました。

ちなみに電源を使わなくて済むように「アナログ傾斜計」を選びました。

取り付け方法

傾斜計はFrバンパー下部のネジ穴を利用し、市販の金属ステー(L字やI字、T字など)を取り付けました。

必要なものをまとめるとざっとこんな感じです。

  • 傾斜計
  • 金属ステー(L字やI字、T字など)
  • M3のネジ(長さは6〜40mmくらいの各サイズを必要に応じて選択)
  • ネジに合ったワッシャやナットなど

ネジはM3で、長さは6〜40mmくらいまであれば取り付けられると思います。各自のラジコンに合わせて選定してください。

(ちなみに私の場合、ネジ類は融通がきくため、ホームセンターで各長さをまとめ買いしています。)

傾斜計の裏側。傾斜系の安定性を上げるため、T字金具を使って接触面積を増やした。

傾斜計を取り付けた時のイメージ

今回は高さ的にも、ピントの合いやすさ的にも絶妙な位置に収まったと思います。

最後に

あとは実走させてみて不具合が出ないか、取り付け方は良かったか?の確認をしたいと思います。

撮った映像はYouTubeに投稿しますので、良かったらチャンネルを見に来ていただければ嬉しいです。

ラジコンの車窓から見てみる近所
ラジコン目線の動画をお送りします。 マシンはタミヤCC-02ウニモグをベースにリーズナブルに走破性を上げるため、 自作パーツや汎用部品を使って仕上げています。 浜松近郊が主な撮影地です。 マシン:タミヤ CC-02 ウニモグ プロポ:フタバ...

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました